日々の他愛もない話

角打ちの話

こんにちは。髙橋です。
たまにはゆる~い話でも。

私の趣味の一つに食べ歩きというかグルメがあるのですが、まあ食に関することである拘りがあるのです。
何かといいますとお酒です!
私にとっての「食」はお酒ありきなのです(笑)

極端に言えば、お酒があれば食事はなくても大丈夫なのです。
その一つが”角打ち”です。
皆さん、角打ちってわかりますか?
簡単に言うと、酒屋さんが店頭でお店のお酒を少量ずつ試し飲みさせてくれることです。

私は、会社の近くの酒屋さんでこの角打ちをコロナ前は週に2~3回はしていました(笑)
2019シーズンは70~80回は角打ったと思います。

ところが、2020からはコロナ禍で角打ちさえも取り上げられてしまいました。。

そして先日緊急事態宣言が解除されたので、久しぶりに角打ちしてきました!
こちらの酒屋さんの角打ちはとにかくお得なんです。
なんと、十種類くらいのお酒の中から、好きなものを3種類選んでお代は500円なんです!

まずは千葉の不動の一度火入れ無濾過の純米吟醸と特別純米の飲み比べ。そして栃木の辻善兵衛、なんとお米は雄町です。
雄町は香り豊かで旨味があってさらに酸味もほど良くて最高に美味しいんですよね~

次に、この日たまたま新規で持ち込みのあった新酒Tada Specialというお酒を頂きました。
純米吟醸でなかなか美味しかったです。

もうこうなったら止まりません(笑)
岡山の備前・純米吟醸、これも雄町です。そして新潟の千代の光の三割麹のK、そして長野の積善・純米吟醸です!

三割麹のKが余りにも美味しかったので4合瓶をお土産に買って帰りました。

角打ちで結構飲んだのに、家で4合瓶を飲み干してしまったのはお約束でした~!
いや~昨日は酔っぱらいました。

-日々の他愛もない話

© 2021 TAKAHASHIメソッド FX攻略ブログ