TMCA(暗号資産プロジェクト)

現在、TM15S-Ver.2とTM30P-Ver.2の2つのストラテジーを開発中です!

こんにちは。髙橋です。

先日お知らせしたとおり、現在、TM15S-Ver.2とTM30P-Ver.2の2つのソフトを開発中です。
これは公開中のストラテジーのTM15 SafetyとTM30 Powerfulのバージョンアップ版、というかレンジにも対応できるソフトとなっています。

現在稼働中のTM15 SafetyとTM30 Powerfulはトレンドには滅法強いものの、レンジでは、同じ仕掛けを繰り返したり、800ドル~1000ドル以上の含み益があっても利益を大きく減らしたり、遺失利益になることがありストレスが溜まってしまいます。

それでも、最近のレンジ相場で他の自動売買ソフトが苦戦する中、TAKAHASHI Method BTCは15 Safety、30 powerfulともに大きく利食いになって良かったです!

Ver.2では、相場がレンジの動きの場合、上記のストレスがあまりないように改善しています。
勝率も50%前後まで上がっています。

ただ、爆発力は従来のソフトの方があります。

今回の改善点としては、レンジ相場でのトレード回数の減少、トレール幅の縮小により利益を確実に確保する、ストップロスの見直し等です。
また、直近の相場に合わせて、移動平均線の数値、一目均衡表の数値、マルチタイムスコープの期間、ローソク足と雲の距離も一新しています。
こちらに関しては、提携企業の高性能コンピューターで最適値を割り出してチューニングしました。

今現在、Ver.2はTemporaryに以降してフロントテストを行っていますのでもうしばらくお待ちください。
直近3ヵ月の運用成績を比較したものがこちらです。

 

【15分足のストラテジー】

TM15 Safety TM15S-Ver.2
Com.Profit +26.16% +31.12%
勝率 0.40 0.48
P/F 1.40 1.56
取引回数 107回 95回

 

【30分足のストラテジー】

TM30 Powerful TM30P-Ver.2
Com.Profit +12.51% +41.97%
勝率 0.38 0.51
P/F 1.28 2.76
取引回数 52回 39回

 

一見、Ver.2の方が優れているように見えますが、今現在のレンジ相場にも対応できる仕様ですので、トレンドが出始めたら爆発力はVer.1の方があると思います。

私は、リスク分散の観点からも、ロットを下げても従来のソフトを稼働しつつ、Ver.2も使用してもらえればと思います。
TM15S-Ver.2とTM30P-Ver.2の公開まで、もうしばらくお待ちください!

※TMCA 【暗号資産プロジェクト】の参加手順についてはこちらをご覧ください!

 

 

-TMCA(暗号資産プロジェクト)

© 2021 TAKAHASHIメソッド FX攻略ブログ