TMCA(暗号資産プロジェクト)

OKExの登録手順について

副管理人です。

暗号資産プロジェクト(TMCA)で使用できる業者に【OKEx】が対応しました。

今まではSIRIUS Quant と連携できる取引所は Bybit のみでしたが、OKExが対応した事により選択肢が増えました。

下記に両社の違いや登録方法をご説明させて頂きます。

 

Bybit と OKExの比較

 

okex

 

OKEx はBybit に比べると手数料が安いのでお勧めです。

自動売買で使用しますので、長期的な視野で見ると手数料が安いというのは良いですね。

ココに注意

個人認証の際にパスポートの番号を登録しないといけないので、パスポートをお持ちでない方は今まで通りBybitをご利用ください。

個人認証をしないと出金できません。

 

 

下記にOKExの登録方法などを解説しておりますので、BybitではなくOKExをご利用の際は下記の手順で進めてください。

※当ブログのTMCAの特典を受け取るには、このページにあるOKExのリンクからご登録ください。

 

OKExの登録についてご不明な点がありましたら、TMCAのコミュニティやオープンチャットにサポートスタッフが在籍しておりますので、お気軽にご質問ください。

オープンチャットは当ブログのTwitterの先頭にリンクを設置しておりますので、そちらからご登録ください。

また、この機会に当ブログのTwitterのフォローをお願いします。

 

 

OKEx の口座解説方法

 

① OKEx にアクセスします。

こちらよりご登録ください。

※当ブログのTMCA特典を受け取るには必ずこちらのリンクよりご登録ください。

 

② メールアドレス(または携帯電話番号)を入力し、パスワードを設定します。

パスワードは最低6文字以上、数字・文字・大文字・特殊文字のうち3種を1文字以上使用
する必要があります。

 

③ 入力ができたら【Continue】をクリックします。

OKEx

 

④ 人の手による操作であることを確認するために、セキュリティ認証が表示されます。
画面に従い、パズルのピースをスライドして指定場所にはめます。

パズルのピースをマウスでクリックしたまま、穴が空いている所へ移動させてください。

OKEx

 

 

⑤ パズルが完成すると、登録したメールアドレスまたは電話番号に、6桁の確認コードが送信されます。届いたコードを入力してください。

OKEx

 

これでOKExの口座が開設できました。

続いて、セキュリティ設定を行います。

 

 

OKExセキュリティ設定

セキュリティ設定は下記のいずれかの方法で行います。

・Google認証
・スマホ認証(電話番号)

では、それぞれの設定方法を解説します。

 

Google認証の場合

OKEx

 

① 画面右上のアカウントマークをクリックすると表示されるプルダウンメニューより
「Security Settings」を選択します。

 

② 「Authenticator app」を選択してください。

 

③ お手持ちのスマートフォンでアプリのインストールができるページを開いて
「Google認証システム」と検索し、Google Authenticator というアプリをインストールしてください。

okex

 

④ Google Authenticator のインストール後、「QRコードをスキャン」をクリックしカメラ画像に切り替わったら、 下の画像の①のQRコードを読み取ります。

okex

 

⑤ QRコードの下に記載されている②の「Key」を印刷等にて保存しておきます。
※スマホ紛失時などにGoogle Authenticatorを復元するためにこのKeyが必要となります。
必ず保存してください。 

 

⑥ QRコードの読み取りにより、GoogleAuthenticator画面にOKExが登録されました。

Google Authenticator

 

 

⑦ 下の画像の四角枠で囲っている所に「Get code」と表示されていますのでクリックします。

クリックすると登録メールアドレスまたは携帯電話にSMSが届きますので、届いた6桁のコードを入力します。

okex

 

⑧ Google Authenticatorを確認し、表示された6桁のコードを入力します。

 

⑨ 全て入力後、「Confirm」をクリックし、Google認証登録を完了します。
※完了後、登録メールアドレスにメールが届きます。

 

 

スマホ認証(電話番号)の場合

okex

 

 

① Security画面の「Mobile verification」またはポップアップ画面の「Mobile phone」を選択します。

② Locationは「Japan」を選択します。

③ New phone numberは SMSを受信する携帯電話の番号を入力します。

④ SMS codeはまず、「Get code」をクリックし、携帯番号に届くSMSメッセージを確認し、SMS codeの所に届いた6桁のコードを入力します。

⑤ Email codeはまず、「 Get code 」クリックし、登録メールアドレスに届く6桁のコードを入力します。

⑥ すべて入力したら、「Confirm」ボタンをクリックして設定を完了します。

 

 

 

個人認証 の設定

個人認証の際にパスポートの番号を登録しないといけないので、パスポートをお持ちでない方は今まで通りBybitをご利用ください。

個人認証をしないと出金できません。

okex

 

 

① 画面右上のアカウントマークをクリックすると表示されるプルダウンメニューより「Verification」を選択します。

② 【Continue】をクリックし、必要事項を記入します。

③ 開いた画面にある【Nationality】欄にあるプルダウンメニューから【Japan】を選択します。

【Japan】を選択すると画像にある【ID type】が自動的に「Passport」が選べるようになりますので、お持ちのパスポート番号を【ID number】欄に入力ください。

④ 入力ができたら【Submit】をクリックします。

 

 

 

Account Modeの設定

次に、Account Modeを設定します。OKExでは3つのモードが用意されています。

okex

 

① 上部メニューの「Trade」より「Margin Trading」を選択します。

② 先物取引画面が開くので、左側の注文パネルにある「Update for trading」をクリックします。

③ 表示される3つのモードから【 Single-currency margin 】を選択してください。

【Simple】はAPIが利用できないので選択しないでください。
【Multi-currency margin】 はプロ向けです。

 

 

 

Order placement modeの設定

okex

 

① 「Margin trading」ページ右上の設定アイコンをクリックします。

② 表示された項目の「Order placement mode」で「Long/Short」を選択してください。

 

 

 

 

APIの設定

※ API作成の前に必ず前述の「Account Mode」の設定を行っておいてください。
デフォルトの「Simple」モードでの設定のままの場合、APIを設定しても自動取引が行えません(エラーとなります)

 

 

okex

 

画面右上の①アカウントマークをクリックし、表示されたプルダウンメニューより②「API」を選択し、API管理画面を開きます。そして、③「Create V5 API Key」をクリックします。

初めに、④APIの名前とパスワードを設定します。SSQに利用するAPIだと分かる名称で名前を作成してください。
※ここで設定した「Password」は、後述のSSQでのAPI連携時に「Passphrase」欄に入力します。

次にSSQ用のIPアドレスを2つ入力します。 ⑤の所に下記の IP addressを入力してください。

13.214.74.168

18.138.122.233

※IPアドレスの設定は必須ではありませんが、設定しない場合、1か月間取引がない場合はAPIが失効します。
その場合は、再度APIの設定を行ってください。
(市場動向によっては1か月間以上シグナルが発生しない戦略もあるためご注意下さい)

 

 

okex

① 「Permission」欄では、「Read」と「Trade」にチェックを入れます。

② 下段にある「Email code」と「Google Authentication」欄にそれぞれのコードを入力します。

●メール認証コード:「Get code」をクリックし送信された6桁のコードを入力
●Google認証コード: Google Authenticationアプリに表示された6桁のコードを入力

③ 入力後、「Confirm」ボタンをクリックします。

 

 

 

okex

 

作成されたAPIの情報が表示されます。
「Copy API info」をクリックし、APIの情報をメモ帳などに控えて保存してください。
※ Secret Keyは安全のため1度しか表示されませんのでご注意下さい。

 

 

 

APIキー SIRIUS Quant登録方法

作成したキーをSIRIUS Quantに登録し、OKExと連携できるように設定していきましょう。

まずは、SIRIUS Quantにログインします。
1)「Trade settings」をクリックしてください。

TMCA

 

2)「Trade settings」をクリック後、ポップアップが表示されます。
OKExの画面で表示された「APIキー、シークレットキー」と設定した「パスワード」をご用意ください。

表示された画面に下記の情報を入力します。

①ApiKey APIキー を入力
②SecretKey シークレットキー を入力
③Passphrase OKExのAPI作成時に設定した「Password」を入力
④ApiUrl www.OKEx.com を選択
⑤すべて埋めたら OK ボタンを押してください。

TMCA

 

 

3)「Change success.」と表示されたらAPIの設定完了です。
「Account balance:」の後ろにある数字は、OKExの「Trading Account」に入っている資金の量を表しています。
※USDTマージンが0でないことを確認してください。
戦略を開始する際は、TradingAccountに資金が入っている必要があります。

TMCA

次はSIRIUS Quantでの戦略稼働方法をご説明していきます。

 

 

 

SIRIUS Quant 戦略稼働方法

⚠戦略を稼働するには、OKExの口座にお持ちの仮想通貨を送金する必要がございます。

 

1)All strategies をクリックすると戦略一覧が表示されるので、使用する戦略(ストラテジー)をクリックします。

TMCA

 

 

2)戦略一覧画面で、気になる戦略をクリックすると、戦略についての詳細情報が確認できます。
起動したい戦略を決定したら、①Register をクリックし、ポップアップが表示されるので、②OK をクリックして戦略を登録してください。

TMCA

 

3)起動したい戦略を登録すると、Registeredに表示されるようになります。

4)戦略をスタートする前に、ロットとレバレッジの設定を行う必要があります。
ロットの設定はSIRIUS Quantで、レバレッジの設定はOKExから行います。

レバレッジは【クロス】【分離マージン】と二種類あり、【クロス】がおすすめです。
【クロス】はデフォルト設定となっているので、【クロス】で行う方はロットの設定のみで大丈夫です。
【分離マージン】で行いたい方はOKExの画面から設定を行ってください。

TMCA

 

 

 

 

【ロット】【レバレッジ】【証拠金】について

各画面で設定を行う前に、ロットとレバレッジ・証拠金の関係性をご説明します。

【USDT口座】

・ 証拠金:USDT
・ ロット:Cont(枚)(ロット設定画面で各注文の1contの単位を確認できます)

ロットを1とした場合、それは1USDTの取引を意味します。 したがって、レバレッジが5倍の場合、0.2contに相当するUSDTが証拠金として取り扱われます。

つまり、0.2 contは、1contに相当する取引に使用できます。
(この場合当然、0.2 cont以上に相当するUSDTを入金しておく必要があります。)

 

【クロス】【Isolated(分離マージン)】の違い

okex

 

 

ロット設定 (★SIRIUS Quantから行います。)

okex

①Registered 画面に表示されている、登録済みの戦略のチャート画面を開いてください。
画面左にある Trade setting の横の②歯車マークをクリックすると、ポップアップが表示されるので、設定したい③ロット数を入力します。
→単位は「cont(枚)」です。1contの単位がロット欄の下に表示されています。

④「OK」をクリックして登録します。
これでロットの設定は完了です。

 

 

レバレッジ設定 (★OKExから行います。)

okex

 

1)画面上部の「Trade」にカーソルを合わせると表示されるプルダウンメニューより、①「Margin Trading」を選択し先物取引画面を開きます。

2)左側にある注文パネルの②「Leverage」をクリックすると、③「Adjust leverage」画面が開きます。

3)設定する倍率を選択し、 ④ 「Confirm」ボタンをクリックします。

 

 

 

戦略の稼働・停止・手動決済

 

【稼働する際の注意点】

戦略を稼働させる前に確認しましょう!

okex

戦略のチャートに表示されている「〇」「✖」「矢印」の意味
〇:エントリ                      ×:決済
⇧:Buy (買い/ロング)       ⇩:Sell(売り/ショート)

画面左端にある「Positions」に現在、戦略が持っているポジション数を表示しています。
なにも表示がない時は、ポジションを持っていない状態です。
ポジション数が表示されている場合は、戦略は既にポジションを持っており、その時に戦略を起動した場合は、次の新規ポジション発生時に稼働が始まります。

 

戦略を稼働させる

okex

各画面からロット数とレバレッジの設定を行ったら、再び①Registered画面を開いてください。
起動したい戦略の②「Start」をクリックすると、ポップアップ画面が表示されます。

③「OK」をクリックすると戦略が起動します。
緑色の④「Running」が表示されていれば、戦略が起動している状態です。
※新規起動時に戦略にポジションがあった場合は、次の新規ポジション発生時に自動的にスタートします。

戦略を停止したい場合は、Stopをクリックしてください。

 

 

戦略を停止させる

okex

 

「Stop」をクリックすると、ポップアップ画面が表示されるので、「OK」を押します。
「Stopped」と表示されていれば、戦略は停止している状態です。

あくまでも戦略の停止ですので、ポジションはOKExに残ります。
残ったポジションはOKExの画面から手動で決済をおこなってください。

 

 

ポジションの手動決済方法(OKExの画面から行ってください。)

okex

OKExの取引画面下にある①「Positions」タブで、現在持っているポジションの確認を行えます。

ポジションを手動で決済する場合は、②「Close」 or 「MKT Close All 」のいずれかを選択して決済を行ってください。

 

まとめ

登録・設定、お疲れ様でした。

ご不明な点がございましたら、TMCAのコミュニティ、またはオープンチャットに在籍しているサポートスタッフまでお気軽にご質問ください。

 

 

-TMCA(暗号資産プロジェクト)

© 2022 TAKAHASHIメソッド FX攻略ブログ